Home 第3回「日本学生BtoB新聞広告大賞」のご案内

第3回「日本学生BtoB新聞広告大賞」のご案内

入賞結果は、4月上旬に当サイトにて公表。応募者へは個別に連絡します。

チラシ(PDFダウンロード)

日本学生BtoB新聞広告大賞は、未来を担う若い世代がBtoB広告の制作を通じて、 BtoBビジネスに対する理解を深め、将来的クリエーター・マーケッターのBtoB広告へのレベルアップとともに新聞広告への可能性を拡げBtoB企業の活性化を図ることを目的としています。

《BtoB取引例1》

電子部品メーカーA社が総合電機メーカーB社に
液晶テレビ製造に用いる電子部品を販売する取引

《BtoB取引例2》

情報システム会社C社が都市銀行D社に向けて
情報セキュリティシステムを構築し納入する取引

本広告賞では「売り手(=課題提供会社)」の立場になって作品を制作してください。

応募手順

  • 1.協賛会社が提供する課題を下記の「課題一覧」からひとつお選びください。
  • 2.課題資料・各種素材・応募票をダウンロードしてください。
  • 3.作品制作をしてください。
  • 4.応募票を作成してください。
  • 5.作品の裏面に応募票を貼り事務局宛てに提出してください。

【応募締切】2018年2月28日(水) 必着

応募要項

応募資格
日本の大学・大学院・専門学校等に在籍する学生(グループ応募可)
作品規定
新聞広告ブランケット版 全15段
(天地509mm×左右378mm)
カラーまたはモノクロのどちらの応募でも構いません。
応募方法
作品をA2判の厚紙、パネル、イラストレーションボードのいずれかに貼り、応募票を添付の上、事務局宛てに提出。提出に際しては、郵送、宅配、持ち込みのいずれでも可能です。(なおデータでの応募は不可)
応募票は下記の応募票からダウンロード(PDF)
審査方法
当協会の審査委員会にて厳正なる審査を行ないます。
賞・副賞
[金   賞] 1点(表彰楯と副賞 30万円)
[銀   賞] 1点(表彰楯と副賞 10万円)
[銅   賞] 1点(表彰楯と副賞  5万円)
[課題企業賞]各1点(表彰楯と副賞)
入賞発表
◎月刊誌「BtoBコミュニケーション」5月号にて発表(応募者には掲載紙を送付)
◎金、銀、銅賞については日刊工業新聞紙上(全15段)にて4月頃発表
◎当協会ウェブサイトにて4月上旬頃に発表
◎入賞者には直接通知

[表彰式]
2018年6月上旬 ホテルグランドパレス(東京・飯田橋)

[審査委員]
審査委員長 川野康之
(電通 エグゼクティブクリエーティブ・ディレクター)
審査委員 細井 聖
(編集者・ライター)
審査委員 井上宏一
(日本BtoB広告協会常任理事 / 岡村製作所 マーケティング本部専任部長 )
審査委員 河内英司
(日本BtoB広告協会アドバイザー / カットス・クリエイティブラボ代表 )
審査委員 大谷清司
(日本BtoB広告協会理事 / プライムゲートアドバタイジング代表取締役)
審査委員 横山隆行
(日刊工業新聞社 執行役員業務局長)
課題提案会社より各1名参加
注意事項
・1課題につき、おひとり(1グループ)1点のみ応募ができます。(なお、全ての課題への応募可)
・シリーズ作品の応募は受け付けません。
・未発表のオリジナル作品に限ります。
・著作権、商標権、肖像権等で第三社の権利を侵害することのないよう十分に配慮してください。
・入賞作品は紙面掲載にあたって補作する場合があります。
・入賞作品の著作権、出版権ともに当協会に帰属します。(応募作品は返却しません。)

課題一覧

【ご注意】
「日本学生BtoB新聞広告大賞」に関するお問い合わせは、日本BtoB広告協会事務局にお願いいたします。(電話:03-5645-8852)
各企業への直接のお問い合わせはご遠慮願います。

ロゴマーク、写真等の素材は課題一覧からダウンロードをお願いいたします。

  • ※ロゴ含む提供データの使用に関する注意事項
  • 1.製品画像は下記ダウンロード素材の中からお好きなものを選んでご利用ください。
  • 2.ロゴの変形、組合せの比率の変更は禁止します。
  • 3.ロゴの色は、指定色をご使用願います。(送付データは基本配色で設定されています。)
  • 4.今回の使用目的以外に使用しないで下さい。
  • 5.使用が終了したら、ロゴと製品画像データを速やかに消去してください。


ダウンロードされる素材ファイルを開くにはAdobe IllustratorやAdobe Photoshopなどのグラフィック系ソフトウェアが必要です。
また、同ソフトウェアでも古いバージョンではファイルを正しく開けない場合もございますので、できるだけ新しいものをご使用いただくようお願いいたします。

課題1

広告主
JNC株式会社
製品名
コーポレートイメージ広告
解説
JNCのコーポレート企業広告を提案してください。
当社が研究開発し、製造して皆さんにお届けしているものは、いわゆる消費材ではなく、その原料(素材)となるものです。
当社の製品が使用されている分野は多岐にわたります。
パソコン・スマートフォンなどのディスプレイに使用されている液晶。
紙オムツの表面に使用されている熱接着性繊維。
合成樹脂被覆により溶出速度がコントロールできる化学肥料。
水力発電等による電力の供給。
このようにJNCの製品とは気づかれずに皆さんが使用されているものに原料(素材)を提供しています。

皆さんの自由な発想で下記の内容を伝える広告を提案してください。
1. 日常の色々な場面で当社の製品が使われていること
2. コーポレートスローガン「よろこびを化学する」に込めた思いを広く訴求できること
※「よろこびを化学する」
・持続可能で豊かな暮らしを、思い描くよろこび。
・地球にやさしい環境を、つくるよろこび。
・変化し続ける時代のニーズに技術と創造力で、応えるよろこび。
私たちは化学で人々のよろこびを作ります。

製品サイトURL
http://www.jnc-corp.co.jp/
素材
ダウンロードはこちら

課題2

広告主
NOK株式会社
製品名
オイルシール
解説
オイル(油)をシールする(密封する)部品、「オイルシール」。機械の中には、軸受や歯車など金属等がこすれ合う部分が多くあり、機械の動きを滑らかにするためにオイルが使われています。オイルシールは機械の内部からオイルが漏れるのを防ぐと同時に、外部からの塵や埃の侵入を防ぐ役割を担う部品です。NOK株式会社は日本初のオイルシールメーカーで、オイルシールの国内シェアNo.1。機械には欠かせない、オイルシールメーカー・NOKを印象付ける広告をお願いします。
製品サイトURL
http://www.nok.co.jp/
素材
ダウンロードはこちら

課題3

広告主
パナソニック株式会社
製品名
ビデオ会議システム「HDコム」
解説
簡単操作と臨場感にこだわった、高画質・高音質な多地点ビデオ会議システム。
「HDコム」専用アプリ『HDコムモバイル』を使えば、出張先でもビデオ会議に参加可能
「働き方改革」を推進するビジネスユーザーに。
製品サイトURL
【「HDコム」総合サイト】
https://sol.panasonic.biz/visual/
【「HDコム」KX-VC2000J】
https://sol.panasonic.biz/visual/products/hd-vc2000j.html
【「HDコムモバイル」説明サイト】
https://sol.panasonic.biz/visual/products/application.html
素材
「HDコム」商品画像データDLサイト
https://sol.panasonic.biz/visual/support/download.html

ビデオ会議「HDコム」ロゴおよびパナソニックロゴ
ダウンロードはこちら

課題4

広告主
株式会社岡村製作所
製品名
立ち姿勢サポートデスク「stafit(スタフィット)
解説
教室などで行われるさまざまな学習スタイルにフィットする、アクティブラーニング向け昇降デスクです。
講議を聴くだけでなく、資料を調べる、グループで話し合う、発表するなど、さまざまな学習に合わせた姿勢をサポートします。
「stafit」は「fit your learning posture」というコンセプトで、学習時の姿勢に合わせて高さや位置をスムーズに調節できる、アクティブラーニング向け昇降デスクです。 聴く、書く、調べる、話し合う、発表するなど、アクティブラーニングで行われる学習スタイルはさまざまです。「stafit」
はその時の学習内容に合わせてデスクの高さを調節し、適切なシーンをつくることができます。成長期の子どもたちの体格差に対応するだけでなく、簡単に移動もできるため、アクティブな学習に対応できます。
製品サイトURL
【弊社カタログ掲載ページ】
http://gmd.okamura.jp/iportal/cv.do?c=26964940000&pg=237&v=OKM05
【製品情報ページ】
http://www.okamura.co.jp/company/topics/culture/2016/stafit.php
【アワード受賞広報ページ】
http://www.okamura.co.jp/company/topics/culture/2017/KD2017_prize.php
http://www.okamura.co.jp/company/topics/award/2017/kda_2017.php
http://www.okamura.co.jp/company/topics/award/2017/universal_design_2017.php
素材
ダウンロードはこちら

課題5

広告主
日本精工株式会社(NSK)
製品名
ベアリング(軸受)
解説
ベアリングは、最近では玩具のハンドスピナー(フィジェットスピナー)にも入っている、スムーズな回転を支える機械要素部品です。自動車、鉄道、飛行機、家電製品、製造設備など、身近にあるさまざまな機械の動きを支え、私たちの暮らしを円滑に動かしています。当社の主力製品であるベアリングをPRする広告をご提案ください。
製品サイトURL
【NSK Webサイト Motion & Control】
http://www.jp.nsk.com/special/index.html
【ベアリングのひみつ】
https://kids.gakken.co.jp/himitsu/118/index.html
素材
ダウンロードはこちら

課題6

広告主
富士電機株式会社
製品名
UPS(無停電電源装置)
解説
UPS(Uninterruptible Power System:無停電電源装置)は、落雷・積雪などの自然災害により、万が一の停電や瞬時電圧低下(電圧の一時的な低下)が発生した際にも安定した電力を供給するための装置です。
データセンター、工場の生産ラインなど大規模なものから、エレベータ、銀行のATM、信号機などの交通インフラといった身近なものまで、私たちの暮らしは、ひとときも休むことなく動き続ける多くのシステムや機器に支えられています。これらの設備を、停電による誤作動などさまざまな電源トラブルから守っているのが、UPSです。
富士電機のUPSは、「24時間365日止めない」という信頼性を極めるとともに、UPS自体の消費電力を抑える独自の技術で省エネに大きく貢献しています。
ぜひみなさんの自由な発想で、世界中のビジネスと暮らしを支える富士電機のUPSの広告をご提案ください。
製品サイトURL
【富士電機 おすすめソリューション「そのビジネスに「無停電」という安心を。」(大容量UPS)】
http://www.fujielectric.co.jp/about/promotion/lv_ups.html
【UPSの基礎知識】
http://www.fujielectric.co.jp/products/power_supply/ups/aboutups/index.html
素材
ダウンロードはこちら

課題7

広告主
株式会社堀場製作所
製品名
PM2.5自動成分分析装置
解説
微小粒子状物質(PM2.5)の質量濃度測定に加え、含有元素の成分分析も1台で同時
にできる装置です。大気汚染問題の対策として、PM2.5の発生源推定が可能です。
製品サイトURL
【製品情報ページ】
http://www.horiba.com/jp/process-environmental/products-jp/ambient/details/continuous-particulate-monitor-with-x-ray-fluorescence-px-375-27871/
素材
ダウンロードはこちら

課題8

広告主
横河電機株式会社
製品名
横河電機のサステナビリティ目標「Three goals」
解説
今、持続可能な社会の実現に向けて世界が大きく動いています。気候変動やエネルギー需要の高まりなど、世界のサステナビリティに関する課題に対して官民をあげた様々なイニシアティブが展開されています。私たち横河電機も計測・制御・情報をテーマに、未来世代のより豊かな人間社会の実現に向けた取り組みを進めています。
その一環として2017年8月、2050年に向けて目指す社会とその社会の実現に貢献する当社の姿勢およびサステナビリティ目標「Three goals」を発表いたしました。
当姿勢および「Three goals」を広く訴求する広告を企画、提案してください。
製品サイトURL
【YOKOGAWAコーポレートサイト】
http://www.yokogawa.co.jp
【YOKOGAWAのサステナビリティ】
https://www.yokogawa.co.jp/cp/csr/policy
【YOKOGAWAグループ サステナビリティレポート2017(10月頃掲載予定)】
https://www.yokogawa.co.jp/cp/csr/back_number.html
素材
ダウンロードはこちら

応募票

第3回「日本学生BtoB新聞広告大賞」
応募票はこちら

お問い合わせ

日本BtoB広告協会「第3回日本学生BtoB新聞広告大賞」事務局
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町2-11-3(日本橋水天宮ビル)
電話:03-5645-8852 FAX:03-5645-8853
E-mail: office@bbaa.or.jp

お持ち込みの場合は、平日の午前10時から午後5時までの時間帯にお越しくださ い。

Page Top